電話占いクォーレの愛音先生に育児の悩みを相談してみました!

投稿日:

愛音先生の体験レポート

はじめに

保育園に預けながら仕事をしていると、子どもへの罪悪感を感じてしまう。
子どもが大切。だからこそ仕事も大切。
『私がどうすれば「正解」なんだろう……?』
まだまだ働く母親のロールモデルが不安定な日本社会。
特にワーママの方に、そんな葛藤を抱える人は多いと感じています。

私も先日、保育園の先生から育て方についてチクリと小言を言われてしまいました。
子どもにとって良いお母さんになりたい。でも、じゃあこれからどう改善していけばいいのか……悩めば悩むほど、子どもにどう接すればいいのか分からなくなってきました。

悩みはまず、誰かに相談して整理しよう!
そんな気持ちで今回は愛音先生に育児について相談することにしました!

占ってもらう内容は…?

私: 因幡(inversen)30代既婚、子持ち
相談内容:保育園で子どもの育て方に対して苦言を言われてしまった。
仕事を辞めたり減らしたりするべきなのだろうか。子どもに対してどんな風に接していけばいいのか。

早速占ってもらいました!

愛音先生の占い体験レポート

クォーレで予約して2,3分ほどで、携帯に着信が入りました。

私
もしもし!
愛音先生
愛音先生
こんにちは初めまして因幡様のお電話でしょうか?
私
はい、因幡です
愛音先生
愛音先生
クォーレの愛音でございます。よろしくお願いします~
私
はい、よろしくお願いいたします
愛音先生
愛音先生
それでは開始ボタンを押しますね、少々お待ちください……

(無音)

はい、それでは10:49からはじめますね。よろしくお願いします

さっそくテンポよく、鑑定が始まりました。

愛音先生
愛音先生
今日はどうされましたか?
私
最近私がすごく育児で悩んでいて
愛音先生
愛音先生
はいはい
私
子どもは未就学児で、今保育園に預けながら仕事をしているんですけれど、保育園の先生から「もうちょっと接してあげたらどうですか?」「テレビばっかり見せているから言葉が一方的なんですよ」
と言われて
愛音先生
愛音先生
うーん
私
うちの夫や義両親は「ちゃんとできてるよ」とフォローしてくれるんですが……。でも、普段息子と接してくださってる先生に言われると、「子どもに申し訳ないな」と思うことがあって
愛音先生
愛音先生
うんうん
私
休みの日も午前午後に公園とか連れて行ったり、水族館言ったり、お昼は一緒にご飯作ったり、できる限りのことはしているんですけど、
愛音先生
愛音先生
してますよ~
私
ありがとうございます(笑)

でも保育園の先生とかに「テレビ見させ過ぎてませんか?」とか言われると、確かに普段はごはん作る時とかにNHK教育とか動画とか見せてたりするんで、

愛音先生
愛音先生
普通よぉそれ~!
私
普通ですかねえ
愛音先生
愛音先生
ですです
私
なんか、保育園でテレビの内容をそのままペラペラじゃべったりするみたいで。

私は単純に「言葉を覚えていて偉いなー」と思っていて誉めていたんですけど。

保育士さんに「話が一方的だ」「会話が足りていない」と言われて、ちょっと不安というか

愛音先生
愛音先生
うーん
私
私の目の前では、息子も会話が一方的ではなく、ちょこちょこ成り立つんです。でも保育園だとどうなんだろうな、と……
愛音先生
愛音先生
うん
私
仕事を減らして、もっと一緒にいる時間増やしたほうがと悩んだりしてて。夫が仕事がら、なかなか家に帰らないので家事は私に一任されているというのもあり、だからなんかこう……
愛音先生
愛音先生
うん
私
最近は悩み過ぎちゃって。いつもは元気なんですけど、たまにフッと何も考えられないくらい疲れちゃって……あ、すみません相談内容が長すぎますね
愛音先生
愛音先生
いいのよーいいのよー。いいんですよー、
私
ありがとうございます(笑)

……それで最近落ち込みが長くなってきたというか。気持ちの疲れが取れないというか。モヤモヤというか…そんな感じなので。

今の気持ちのモヤモヤを晴らすにはとか、状況をよくするアドバイスとか、注意するべき事をお伺いしたくて、お電話しました!

以上、相談内容でした。長すぎます(笑)
愛音先生は丁寧に相槌を打ってきいてくださいました。
ここからは先生のターンです。

愛音先生
愛音先生
もともと因幡さんはどんなお仕事されてるんですか?
私
事務系です。最近はリモートワークで仕事もらったりして、ほぼPC関係でやたりしています。

終わったら即迎えにいって、とはしているんですけど

愛音先生
愛音先生
えらいなー

こまめにほめてもらえるのは嬉しいです。

愛音先生
愛音先生
まずは誕生日から統計学的にみてみると
私
はい
愛音先生
愛音先生
因幡さんはね、本当は今世というのは「仕事」というのがメインにはなっているんです。で、過去性から持ってきているものが「子育て」や「愛する」とかいうものがあるんだけど
私
はい
愛音先生
愛音先生
思考のクセとして、自分を責め過ぎちゃうというのを、強く持ってるんですよ。

人が言っている事を素直に受け止めないと、と思い過ぎちゃう。そしてまた別の意見を聞いたら「それも聞かなきゃいけないのかな」ってなっちゃうので、自分をすごく責めちゃうんでうしょね

私
あー

当たってます。

愛音先生
愛音先生
でも元々、因幡さんはすごく強いのをもっているので。運気の流れとしても、今年は今年の誕生日から来年まで一年間というのは、まず自分の内面をみつめなおす時期。自分と向き合わなきゃいけない年という風になっているんですけど
私
はい
愛音先生
愛音先生
来年の誕生日までもうあと半年くらいでしょ?
私
ええ
愛音先生
愛音先生
だから節分くらいからご褒美がもらえる。結果発表!ってね。そこからは、収穫の時期。実りを収穫するにいい年に入るんですよ
私
なるほど……
愛音先生
愛音先生
今は一旦、自分をみつめなおす時期なんですが、来年になるとちゃんと「間違ってなかったな」というのを受け取れるようになりますよ
私
分かりました。節分まで自分と向き合う時期として受け止めます
愛音先生
愛音先生
うん。そして、因幡さんが「今しなければならない事」としてメッセージが降りてくるのだけれど

ここまでは生年月日から見た運気で、ここからは霊感的なメッセージなのかな?と思いました。
愛音先生はテンポよく続けていきます。

愛音先生
愛音先生
あのー……子育てってね
私
はい
愛音先生
愛音先生
保育園の先生ってプロだし色んなお子さん見てるから色々思えるんだけど。子育てをしている、家の中の事は誰にもわからないんですよ
私
はい
愛音先生
愛音先生
悩みを相談して聞いてもらって、アドバイスで落ち着くのならいいんです。でも、相談したときに「あれができてない」「これができてない」って責めるようなアドバイスする人はあんまりよろしくないのよね、あまり言っちゃダメなんだけど(笑)だって、家の事なんてわかんないじゃないですか。お仕事とか家庭とか、いろんな事情があるからね。
私
そうですね
愛音先生
愛音先生
そう。

育児は「これでいいのだ」っていう正解はないんだけど、同時に「これでいいのだ」なの。「今はこれで完璧」でいいんですよ。

なので、確かに悩まれるのはわかるんだけど、正解ってないから

私
はい
愛音先生
愛音先生
大切なのは、「感覚」なんです
私
感覚ですか
愛音先生
愛音先生
そう。

「息子さんと因幡さん」が一緒にいて感じる、「感覚」そのものを信じていかなくっちゃ。

二人のいてる感覚。

うーん、うまく言葉にならないけれど、ニュアンス的にはそういう感じ。それを感じながら、一番何を守っていかなければならないか、が大切。

私
はい
愛音先生
愛音先生
たとえばね、ごはんの用意するときにテレビみてるなんて普通なのよ!

そりゃあ、ごはん食べてる時にメールしたり電話したりというのはアレだろうけど。お母さんが子どもの前で、しなければならない事をしているというのは、子どもにとっても学びなんですよ

私
学びですか。
愛音先生
愛音先生
そう。親がいつでもかんでも、絶対自分のことを向いてくれる訳ではないんだ、ということを子供も学んでいかなきゃいかなきゃいけないし。そういうときに、自分が自分で楽しいことを見つけるというのも、学びなんですよ
私
あー……
愛音先生
愛音先生
料理が終わったら、お母さんはちゃんと一緒に自分と向き合ってご飯を食べてくれるという「信頼関係」ね。

それがあるから、お母さんが何かしているときも、一人で遊んでいるときも「終わったらお母さんとあそべる!」という関係を築いているだけでなのよ

私
信頼関係築きたいですね……
愛音先生
愛音先生
うん。信頼関係、だからそういう感覚が大切なんじゃないのかな
私
はい
愛音先生
愛音先生
だからね、これから因幡さんがいろんな人から「こうしたほうが」「あれがよくない」ってアドバイスを受けるとおもうんだけど
私
受けるでしょうねえ(苦笑)
愛音先生
愛音先生
参考にすべきことは参考にすべきなんだけど、責められることを鵜呑みにしてはいけないんですよね。絶対
私
なるほど……

ここで、先生が話を切り替えます。

愛音先生
愛音先生
子どもさんの生年月日おしえて?
私
(伝える)です
愛音先生
愛音先生
ほうほうほう……うん。この子は自由な子よ。因幡さんと一緒でこの子は仕事運や金運がめちゃくちゃいいよ!
私
よかったです。

私自身がどちらかというと、周りの顔色を窺ってうまく自由にふるまえなかったタイプなので子どもには何しても、仮に怒られても見守ってくれている親なんだ、と思ってもらえるようにしたいですね

愛音先生
愛音先生
うんうん。そういう感じの子よ。この子は自由っていうのをもっているから
私
はい
愛音先生
愛音先生
あとね。

顔色をうかがうっていうのはね、お子さんのほうからお母さんの顔色はうかがったりはしているんですよ。別に怒られるからじゃないんですけど

私
そうなんですね
愛音先生
愛音先生
だから、子どもにお母さんが「太陽」になってかなきゃいけないからね?

確かにそれは必要だと思いました。
子供を安心させるためには、自分が「太陽」にならなければならないとは、納得です。

愛音先生
愛音先生
因幡さんが悪いとかじゃないんですよ。ただ、他人から言われたことで自分を責めるのは絶対しないで
私
はい
愛音先生
愛音先生
自分を責めたからって問題と真摯に向き合っているわけじゃないってことなの
私
はい

自分を責めたからって問題解決にはならない。真実だと思いました。

愛音先生
愛音先生
因幡さんがやらなきゃいけないことは、開き直ることなんですよ。お母さんが開き直ることによって、子どもはどんどん自由になっていくから。
私
開き直る……
愛音先生
愛音先生
そう。

そして子育てをするのも当たり前だけど、同時に、因幡さんが今の集中したい仕事をめいっぱい楽しんで頑張っていくことも大切なことです。

それは子どもにとって見せてあげなきゃいけない姿だし、お子さんにとっても良い事なんだよ

私
そうですね……
愛音先生
愛音先生
一緒にいる時間が長ければ……と悩むかもしれない
私
そうですね
愛音先生
愛音先生
でも、どれだけ親が時間を注いでも、子どもはもっともっととねだるものなの。だから「自分は足りてない」と思わないことね。際限がないから

先生の言葉はとても説得力があり、胸の奥までずんずん沁みてきます。
際限がなくてどこまでやっても解決しない悩みに曇っても、確かに子どもにとっては嬉しくないですよね。

愛音先生
愛音先生
私はね、「子育て」は子どものためにするものじゃなくて、自分が後悔しないためにするものだと思うんですよ。

子育てが終わったから言えるんですけどね。あの時こうしてやればよかった、こうしておけばという後悔は、やってもやっても出てくるんですよ、結局

私
はい……
愛音先生
愛音先生
そして、それプラスで、因幡さんご自身もないがしろにしてはいけないんですよ。自分のこともちゃんと大切にしなきゃいけない。子どもとお母さん二人の「感覚」を大切にしながらバランスをとっていくのが大事です
私
分かりやすいです……あの、私、実は産休後の以前勤めていた会社が潰れまして
愛音先生
愛音先生
おお
私
産後復職もできない、保育園も激戦区で入れないしどうしよう……ってときに、たまたまありがたいご縁で仕事をさせていただけるようになったんです
愛音先生
愛音先生
うんうん
私
だから、職場にもお返ししていかないとと思って頑張って働いているんです。でも同時に、仕事にのめり込んでいる時にフッと、息子のことを思い出して辛くなるんです。「小さいのに、なんで私は一緒にいてあげられてないんだろうな」と
愛音先生
愛音先生
うーん。私すごく思うんだけど
私
はい
愛音先生
愛音先生
子育ては質。量よりも質だなと思うんですよ。長くいるからいい。短いから手抜きなんてことじゃなくて。

子どもと過ごす時間の質を、どれだけ高めていけるかということだと思います。

育児のメリハリをもってね

私
はい。メリハリを大切にして。自分に自信をもって開き直って。鷹揚に構えて「感覚」を大切にして……ですね
愛音先生
愛音先生
うんそうよ。それが一番子供が安定するよ!
私
安定させたいです
愛音先生
愛音先生
そう。何があっても大丈夫って顔をするの。仕事の時は仕事に集中して、一緒にいられる時間は大事に大事に、宝物のようにして過ごすということ
私
はい。それなら私も目指して行けそうです
愛音先生
愛音先生
あと自分を絶対的に認めてあげるということよ。せっかく仕事運めちゃくちゃいいんだから!因幡さんは!ほんとよ!
私
ふふ。嬉しいです

すごく力いっぱい仕事運について誉められました(笑)

私
仕事面において気を付けることはありますか?
愛音先生
愛音先生
仕事は気をつける必要ないかな。

最初にお伝えしたけれど、因幡さんの今世というのは「仕事」というのが魂の目標になっているんです。

でも、過去世から持ってきている「自己犠牲」だったり、「自責グセ」という魂の癖があいだに挟まって来て、結果として悩みになっているんです

私
なるほど……
愛音先生
愛音先生
だから、魂の目標としては「子どものように楽しんでいく」ことね。

因幡さんご自身の生き方対しても、子どもを見守るようにゆる~く。

何か失敗しても「しゃーないなあ、人間なんだから」って許していくのも大切な人生の目標です。

目標でもあるし、今後の指針にもなっていく

私
わかりました
愛音先生
愛音先生
周りに何か言われても、子供の成長を前向きにとらえて。自分を責める材料にしてはいけないですね
私
はい。自信をもっていきます
愛音先生
愛音先生
本当にそうですよ!応援してますよ~!
私
すっきりしました!では、鑑定はこのへんでよろしいでしょうか?

クォーレは相談者側から鑑定終了をお願いする決まりになっています。

愛音先生
愛音先生
はい。それでは15分の鑑定で、2805円でございます。ありがとうございました
私
ありがとうございました
愛音先生
愛音先生
頑張ってね
私
はい!

とてもすっきりした気持ちで通話が終了しました。


最初にもやもやと散漫と悩みを相談したにも関わらず、丁寧によりそった鑑定をしていただくことができました。(テキパキと占いをしたい先生によっては「結局何を占ってほしいんですか?」となることもあるので……)

相談するひとはたいてい、複雑に悩みが絡まった状態で相談に行きます。

そんな相談者に優しく寄り添って、必要なメッセージをしっかり伝えてくれる先生です。

結果、電話占いクォーレの愛音先生は当たっているのか?

当たっていると思いますし、厳しい結果だとしても私(相談者)が受け取って前向きになれそうな言葉に変換して伝えてくださっている配慮を感じました。

「なあなあのアゲ鑑定は嫌だけど、あまり厳しい言葉で怒られると委縮してしまう」という人特におすすめです。

良いことは良い、改善したほうがいいことは前向きな改善としてしっかり教えていただけます。

デリケートな悩みを持つ人に特におすすめです。

愛音先生の評価
評価 SSランク
占い技術
[5.0/5.0点]

時間を待たされることなく、スムーズな鑑定です。

的中率
[5.0/5.0点]

自分の弱みをしっかり見られてるなと感じました。

助言力
[5.0/5.0点]

自分にできる範囲のアドバイスを、厳しいこともしっかり伝えてもらえました。

会話力
[5.0/5.0点]

テンポよい関西弁まじりの会話。先輩ママ友に相談したような感じです。

予約の取りやすさ
[5.0/5.0点]

在席時間が長いので先に予約をしておけば問題ありません。

料金 170円/分 ※クォーレは全占い師一律料金です
愛音先生はこんな人におすすめ
  • 自分にぴったりの必要なメッセージを欲しい人
  • 悩みをたくさん話したくて、カウンセリング的に傾聴してほしい人
  • 心の中のトラウマや思考のクセに寄り添ってケアしてほしい人

愛音先生のプロフィールはこちら

-クォーレ