ストラッシュは敏感肌・アトピーでも大丈夫?肌が弱い人でも脱毛するチャンスはあります!

結論から言うと、アトピーや敏感肌の人におすすめの脱毛サロンは「ストラッシュ」です!

ストラッシュでは、従来の脱毛機と比べてお肌のダメージが少ない脱毛機を使って施術を行っており、アトピー肌の人でも赤みや痒みが安定した時期なら施術可能というメリットがあります。

またデメリットとして、ストラッシュは当日キャンセルが1回分の施術消化のペナルティとなってしまうため、アトピーなどでお肌の状態が不安定な人にはネックになってしまうかもしれません。

アトピーや敏感肌の人で「脱毛でスベスベなお肌を手に入れたい!」「自己処理から解放されたい!」と悩んでいる人は、ぜひ当記事を参考にしてくださいね。

アトピーや敏感肌でもストラッシュの脱毛は安心!

良い情報だけではなく悪い情報も含めて、アトピーや敏感肌の人の脱毛方法や、ストラッシュの最新情報についてお伝えします!

気になる事はカウンセリングで確認!
無料カウンセリングを予約する

医療関係者が選ぶNo.1脱毛サロン6年連続受賞

目次

そもそもアトピー・敏感肌とは

ストラッシュそもそもアトピー・敏感肌とは
脱毛サロンやクリニックの解説の前に、アトピー・敏感肌について解説します。

アトピー(アトピー性皮膚炎)の特徴

ストラッシュアトピー(アトピー性皮膚炎)の特徴
アトピー(アトピー性皮膚炎)とは、皮膚のバリア機能が弱く、アレルギーを起こしやすい体質の人に見られる皮膚の病気です。

原因や症状には個人差があり、主な症状として「湿疹」「痒み」などがあります。

痒くなったところをかきこわしてしまい炎症が悪化、バリア機能が破壊され、ちょっとした刺激でまた痒くなってしまう…という悪循環に陥りやすいです。

アトピーは良くなったり悪くなったりを繰り返すので、薬による治療や生活習慣の改善、皮膚への刺激を減らすことなど、長期にわたって治療していく必要があります。

アトピーの要因は以下のようなものがあります。

アトピーの要因
  • アレルゲン(ダニ、ほこり、食物など)
  • アレルゲン以外の刺激(衣類による摩擦、乾燥、化粧品など)
  • 寝不足やストレスなど

敏感肌の特徴

ストラッシュ敏感肌の特徴
敏感肌とは、さまざまな刺激に敏感になった肌状態のことで、例えばこんな症状があります。

敏感肌の症状
  • ニキビや吹き出物ができやすい
  • 季節の変わり目やストレスで肌荒れを起こしやすい
  • 肌が乾燥して痒みを感じる

敏感肌の原因は、食生活の乱れや適切でないスキンケアによる刺激などさまざまなので、低下した皮膚のバリア機能を整えるため、低刺激タイプの化粧品を使用したり、UV対策を取り入れていく必要があります。

規則正しい生活を心がけ、お肌のターンオーバーを整えるケアを行いましょう。

編集部員:かなめ 編集部員:かなめ

特にアトピーや敏感肌の人は「脱毛に通いたいけど施術してもらえないかも」「敏感な肌にレーザーや光を当てるのは怖い」と不安に感じやすいと思います。肌の弱い人でも安心してムダ毛処理できる方法をしっかりと見極めることが大切ですよ。

アトピーや敏感肌は脱毛できない?自宅でのムダ毛処理は絶対NG!

ストラッシュ自宅でのムダ毛処理は絶対NG!
では、アトピーや敏感肌の人は脱毛できないのでしょうか?

脱毛の方法の1つとして、自宅でムダ毛を自己処理する方法がありますが、お肌へのダメージが大きいのでおすすめしません。

とくにお肌が弱い人は、下記のような代表的な自己処理だと肌トラブルが起こりやすいので控えた方がいいです。

カミソリで処理する方法

ストラッシュカミソリで処理する方法
ムダ毛の自己処理と言えば、カミソリで処理する方法を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

カンタンでお手軽な方法ですが、実は毛を剃りながら「皮膚を削っている」んです。

そのため、色素沈着のほか、傷や乾燥による肌トラブルが発生してしまいます。

編集部員:かなめ 編集部員:かなめ

上記のような投稿も見られたので、カミソリによる自己処理による肌ダメージは相当なものだと推測できます。

脱毛クリームやワックス(毛抜き)による自己処理方法

ストラッシュ脱毛クリームやワックス(毛抜き)による自己処理方法psd
脱毛クリームはアルカリ性の薬剤でできています。その薬剤が、ムダ毛=たんぱく質を溶かして除毛する仕組みなんですね。

しかし、お肌は毛と同じたんぱく質でできているため、同時にお肌にもダメージを与えていることになるんです。

また、ワックスやピンセットなどで毛を引き抜く処理もNG!毛穴の炎症や埋没毛などの肌トラブルの原因になってしまいます。

とくに敏感肌やアトピーをお持ちの人は注意が必要です。

編集部員:かなめ 編集部員:かなめ

私も脱毛クリームを使用したときに、肌がヒリヒリして赤くなった経験があります。これは脱毛クリームに含まれる薬剤の影響なんです。

家庭用脱毛器による自己処理方法

ストラッシュ家庭用脱毛器による自己処理方法
自宅で気軽にムダ毛処理ができることで人気のある家庭用脱毛器は、サロンやクリニックの脱毛機より出力が抑えられており、脱毛の効果を実感するまで時間がかかることがあります。

アトピーや敏感肌の人が使用できないわけではありませんが、家庭用脱毛器でムダ毛を処理した後、アフターケアを間違ってしまうと肌トラブルの原因になってしまいます。

また、自分では照射しにくい部分はムラになりやすく、キレイに仕上がらないこともあるため、家庭用脱毛器での自己処理もあまりおすすめできません…。

編集部員:かなめ 編集部員:かなめ

上記のように万が一肌トラブルがあっても、家庭用脱毛器の場合はすべて自己責任なので注意が必要です。

アトピーや敏感肌の人におすすめの脱毛方法とは?

ストラッシュアトピーや敏感肌の人におすすめの脱毛方法とは?
アトピーや敏感肌の人は、脱毛サロンやクリニックでプロの脱毛施術を行うのがおすすめです!

アトピーや敏感肌の人でも安心してムダ毛処理する方法として「レーザー脱毛(医療脱毛)」「光脱毛(フラッシュ脱毛)」があります。

どちらもメリット・デメリットがあるので、ぜひ参考にしてください。

レーザー脱毛(医療脱毛)

ストラッシュレーザー脱毛(医療脱毛)
レーザー脱毛(医療脱毛)とは、国家資格を持つ医師または看護師のみ施術できる医療行為で、脱毛クリニックなど医療機関で施術可能な脱毛方法です。

照射パワーの強いレーザーで、毛を生やすもととなる組織(毛乳頭など)を破壊し脱毛効果を得ます。

照射パワーが強いため、脱毛効果を感じるのも早いですが、その分施術の際に痛みを伴うことも。

医療機関なので、施術後に万が一トラブルがあってもすぐ医師に診てもらうことができます。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

ストラッシュ光脱毛(フラッシュ脱毛)
光脱毛(フラッシュ脱毛)とは、特殊な光線が毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して毛の生えるスピードを抑制したり、毛量を減らしていく脱毛方法です。

脱毛サロンで施術してもらうことができます。

レーザー脱毛(医療脱毛)に比べてお手頃な価格で施術ができ、個人差はありますが痛みが少ないと言われています。

光の強さはレーザー脱毛(医療脱毛)より低いため、その分施術の回数も多くなります。

レーザー脱毛と光脱毛の比較

脱毛法 メリット デメリット
レーザー脱毛(医療脱毛) 短期間で脱毛が完了する 料金が高額
施術の際に痛みを感じやすい
光脱毛(フラッシュ脱毛) 価格が手頃
痛みがほぼない
レーザー脱毛(医療脱毛)よりも施術の回数が多い
編集部員:かなめ 編集部員:かなめ

レーザー脱毛(医療脱毛)にも光脱毛(フラッシュ脱毛)にもメリット・デメリットがあるため、アトピーや敏感肌で悩んでいる人はじっくり比較して、自分に合った方法を検討してみてくださいね!

アトピーや敏感肌の人におすすめの脱毛サロン・クリニック比較

ストラッシュアトピーや敏感肌の人におすすめの脱毛サロン・クリニック比較
では、さっそくアトピーや敏感肌の人が安心して通うことができるおすすめの脱毛サロンやクリニックを紹介します。

アトピーや敏感肌の人におすすめの脱毛サロン・クリニック3つ
  • ストラッシュ
  • レジーナクリニック
  • アリシアクリニック

脱毛サロン・クリニックごとにそれぞれ対応が異なりますので参考にしてください。

サロン・クリニック アトピーや敏感肌への対応 公式
ストラッシュ
  • アトピーや敏感肌でもお肌の状態を見ながら施術可能
  • 痛みの少ない脱毛方式なので肌の負担が軽い
  • 状態の悪い箇所は避けて照射してくれる

公式HP

レジーナクリニック
  • アトピーや敏感肌でも出力を調整しながら施術可能
  • 医師による新作・薬の処方が脱毛料金に含まれている
  • 炎症や色素沈着強く出ている部分は照射できない場合がある

公式HP

アリシアクリニック
  • アトピーや敏感肌でも症状が落ち着いていれば施術可能
  • 医師がカウンセリングを行い、看護師が施術してくれる
  • 無料で炎症止めの薬を処方してもらえる

公式HP

編集部員:かなめ 編集部員:かなめ

アトピーや敏感肌を理由に施術を断られてしまったという人も多いです。

また脱毛クリニックの場合、医師や看護師が施術するので安心して脱毛を受けられますが、料金がネックとなり諦めてしまうことも。

脱毛クリニックに比べて手頃な価格で施術してもらえる脱毛サロンの中でも、アトピーや敏感肌の人におすすめなのは「ストラッシュ」です!

その理由について次の章で詳しく解説しました。

こちらもおすすめ!

ストラッシュは最新の脱毛機を使用しているのでアトピーや敏感肌の人でも安心

ストラッシュ最新の脱毛機を使用しているのでアトピーや敏感肌の人でも安心
ストラッシュが敏感肌の人でも安心して脱毛できる理由は、採用している脱毛機に秘密があります。

「IPL脱毛」を採用してる脱毛サロンが多い中、ストラッシュでは「SHR脱毛」を採用しています。

では、IPL脱毛とSHR脱毛にはどんな違いがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

IPL脱毛とSHR脱毛の違いについて

SHR脱毛 IPL脱毛
照射箇所 SHR脱毛はバルジ領域にアプローチする脱毛方法 IPL脱毛は毛乳頭にアプローチする脱毛方法
脱毛効果 すぐに抜けない 3~4日で抜ける
脱毛回数 完了まで約10~18回 完了まで約10~18回
痛み 少ない 痛みを感じる事あり
産毛 効果あり 効果なし
日焼け・地黒肌 照射可能 照射不可

IPL脱毛は毛の黒い部分(メラニン色素)に反応し、毛穴の奥深くにある「毛乳頭」を破壊する脱毛方法です。

毛穴奥深くまで届く強い光を照射するので、輪ゴムで弾かれたような痛みを感じることがあるんですね。

一方SHR脱毛は、毛乳頭よりも浅い位置にある「バルジ領域」に弱い光を連続して照射する脱毛方法。

光の出力が弱いので、IPL脱毛よりも痛くない脱毛が可能なんです!

また、IPL脱毛に比べてSHR脱毛は毛が抜けるスピードがゆっくりですが、脱毛が必要だと言われる回数はほぼ同じなので結果的に肌への負担が軽いと言えます。

編集部員:かなめ 編集部員:かなめ

SHR脱毛は痛みが少なく温かさを感じる程度なのでお肌への負担はかなり軽減されます。

脱毛機についてもっと詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてくださいね。

参考記事はこちら

ストラッシュ以外でSHR脱毛を行っている脱毛サロン・クリニックって?

ストラッシュSHR脱毛を行っている脱毛サロン・クリニック
ストラッシュ以外でSHR脱毛を行っている脱毛サロン・クリニックとして「ラココ」「フレイアクリニック」などがあります。

前述した通り、SHR脱毛なら一般的な脱毛法に比べてお肌への負担が軽減されると言われいます。

ですがサロンやクリニックによっては、アトピーや敏感肌などを理由に施術を断られてしまう可能性があるため注意が必要です。

「SHR脱毛なら肌が弱くても必ず施術してもらえる!」というわけではないので、アトピーや敏感肌の脱毛で悩んでいる方はしっかりと確認しましょう。

関連記事はこちら

ストラッシュがアトピーや敏感肌の人でも安心できる理由

ストラッシュアトピーや敏感肌の人でも安心できる理由
一般的な脱毛サロン・クリニックと比べて、照射がソフトで肌負担が少ないということ以外にも、ストラッシュがアトピーや敏感肌の人でも安心して施術できる理由はまだまあります!

もちろん肌トラブルがない人にも同じことが言えます。

ぜひ参考にしてください。

ストラッシュはアトピーでもお肌が安定している時期なら施術できる

ストラッシュアトピーでもお肌が安定している時期なら施術可能
ストラッシュならアトピー肌の人でも脱毛は可能ですが、状態が悪い箇所は避けて施術します。

しかし、赤みや痒みがなくお肌の状態が安定していないと施術を断られる可能性が高いです。

仮に施術が可能だったとしても、施術中にお肌に異常を感じた場合は無理せずに申告をするようにしましょう。

編集部員:かなめ 編集部員:かなめ

アトピーの症状は人それぞれで季節や体調によっても左右されます。事前のカウンセリングやかかりつけの医師にしっかりと確認してくださいね!

ストラッシュには万が一のドクターサポートがある

ストラッシュ万が一のドクターサポートがある
ストラッシュでは、予期せぬトラブルなどに備えて複数のクリニックと連携し迅速な対応ができる体制作りを行っています。

アトピーや敏感肌の人や、火傷などの脱毛のリスクが心配な人でも安心して脱毛の施術を受けられる環境が整っており、脱毛のプロが責任を持って施術を行います。

もし体調やお肌に何か異変を感じた場合は、すぐに相談することができるので安心です。

ストラッシュはテスト照射が無料で行えるのでお肌が弱くても安心

ストラッシュテスト照射が無料で行えるのでお肌が弱くても安心
ストラッシュはカウンセリング時にテスト照射を希望すれば脱毛をお試しさせてもらえますよ。

敏感肌やアトピーを持っている人はぜひテスト照射を受けましょう。

SHR脱毛の効果はもちろん、実際の脱毛時の痛みや温かさ、脱毛によるお肌の影響をチェックできます。

POINT

ストラッシュは執拗に勧誘はしません。テスト照射で「これはムリかも…」と感じたら断ってもOK!

気になることは無料カウンセリングで相談しちゃいましょう!

アトピー・敏感肌の脱毛ならストラッシュ!
無料カウンセリング予約をする

まずは相談してみませんか?

ストラッシュは当日キャンセルの対応がネックかも

ストラッシュ当日キャンセルの対応がネック
アトピーを持っていると急に湿疹ができてしまう事があるので当日キャンセルする可能性も考えられますよね。

ストラッシュの当日キャンセルは1回分の施術消化のペナルティ対応になってしまいますので注意が必要です。

ストラッシュの脱毛を検討しているけどまだ不安がある…という方は、こちらの記事も参考にしてください。

アトピーや敏感肌の人が脱毛するメリットとは?

ストラッシュアトピーや敏感肌の人が脱毛するメリットとは?
アトピーや敏感肌の人が脱毛サロン・クリニックで脱毛の施術を受けるメリットは3つあります。

自己処理による肌ダメージが減る

ストラッシュ自己処理による肌ダメージが減る
前述の通り、アトピーや敏感肌の人がムダ毛を自己処理することで、ダメージが積み重なり、さらなる肌トラブルに繋がることがあります。

しか、脱毛サロンやクリニックに通うことで、自己処理の回数が減り、お肌への負担やダメージが減っていきます。

日々のムダ毛処理の回数を減らすことで、肌のトラブルを抑えることができますよ。

痒みが軽減される

ストラッシュ痒みが軽減される
アトピーや敏感肌など、肌のバリア機能が低い人は、ムダ毛がお肌に触れてしまうだけで痒みを感じたり、ムダ毛を自己処理したことによりお肌がヒリついたりすることがあります。

脱毛サロンやクリニックで、プロの施術者に安全に脱毛してもらうことで、お肌の痒みやヒリヒリとした痛みを軽減させることができます。

美肌効果が期待できる

ストラッシュ美肌効果が期待できる
脱毛で照射する光には、肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進させる効果があるので、美肌効果が期待できます。

炎症やお肌の状態を確認しながら、照射箇所やレーザーの出力を調整していくので、安全にムダ毛の処理を行いながら肌の生まれ変わりを促進していきます。

編集部員:かなめ 編集部員:かなめ

もちろんこれらのメリットは、アトピーや敏感肌などその人に合った脱毛法を正しく行った場合に得られるものです。

肌が弱いと感じる人は、必ず医師や看護師・サロンの施術者と相談しながら行いましょう。

アトピーや敏感肌の人が脱毛を断られる理由や注意点

ストラッシュアトピーや敏感肌の人が脱毛を断られる理由や注意点
アトピーや敏感肌の人が脱毛サロンやクリニックで施術を断られる理由、また施術前後の注意点について解説していきます。

まず前提として、アトピーの人が脱毛店に通う際にはかかりつけ医に必ず相談してください。

そして万が一、脱毛の施術による肌トラブルが起きても対処できるように、脱毛サロンやクリニックでのカウンセリング時に確認しておきましょう。

アトピーの症状が悪化していると施術を断られる場合がある

ストラッシュアトピーの症状が悪化していると施術を断られる場合がある
以下のようにアトピーの症状が悪化している場合、脱毛の施術を断られることがあります。

脱毛を断られるアトピーの症状
  • 肌を少し触るだけで痛みを感じる場合
  • 皮膚から体液が出てジュクジュクしている場合
  • ケロイド体質で傷跡が残りやすい人

アトピーが悪化している状態で脱毛の施術をしてしまうと、更に酷いトラブルや炎症・色素沈着といったことに繋がるため脱毛の施術を断られる可能性が高いです。

編集部員:かなめ 編集部員:かなめ

脱毛によるアトピーの悪化のリスクを軽減するためにも、アトピーの症状が酷くなっている時の施術は控えたほうがいいでしょう。

施術の前にステロイド剤を使用するのは避ける

ストラッシュ施術の前にステロイド剤を使用するのは避ける
アトピーの治療で使われるステロイド系の薬は、脱毛の施術前には使用を控えなくてはなりません。

脱毛の施術にステロイド系の薬がNGの理由として、ステロイド剤の副作用に、体毛が濃くなったり増えたりするというものがあり、服用した状態で施術を受けると脱毛効果が出にくくなってしまいます。

また、ステロイド剤の使用中は免疫力が低下すると言われています。照射する光やレーザーの刺激を受けやすい状態になるため、ステロイド剤を使用していない時と比べて肌荒れを起こしやすくなります。

ステロイドを使っている人は要注意

普段ステロイドを使用している人は脱毛の約2週間前から使用を避けてください。

お薬を塗布していると施術ができないため、日常的にステロイドが欠かせない人は脱毛できない可能性があります。

また、脱毛サロンやクリニックによっては、ステロイド剤を使用していても医師の同意書があれば脱毛を受けられる場合もあるので、脱毛の施術を受ける前にかかりつけ医に相談しましょう。

色素沈着に注意

ストラッシュ色素沈着に注意
光脱毛はレーザー脱毛に比べて照射出力が低く、お肌への刺激も少ないと言われていますが、アトピーや敏感肌で肌のバリア機能が低下している人は色素沈着に注意しなければなりません。

アトピーなどの症状が出ている箇所に光脱毛の光を照射すると、その刺激により色素沈着を起こしやすくなります。

また一般的な脱毛機は、毛の黒い色素(メラニン色素)に光やレーザーが反応してムダ毛を処理していくものが多いので、色素沈着の部分に照射してしまうと火傷の原因となるため注意が必要です。

施術後のアフターケアを忘れず行いましょう

ストラッシュ施術後のアフターケアを忘れず行う
脱毛サロンやクリニックでの施術の後は、必ずお肌のアフターケアを行いましょう。

施術後の保湿やお肌のクールダウンには次のようなメリットがあります。

保湿やクールダウンのメリット
  • 脱毛のやレーザーによる痛みを和らげることができる
  • 脱毛の効果を高めることができる
  • 肌トラブルのリスクを下げることができる
  • 脱毛効果の向上
  • 肌トラブルのリスクを下げる

アトピーや敏感肌によりバリア機能が低下し、お肌が乾燥している状態で光やレーザーを照射すると、熱によるダメージを受けうるおいが不足して、赤みや痒みの原因を作り出してしまいます。

ですので、化粧水や乳液などで丁寧に保湿してしっかりとケアしていきましょう。

編集部員:かなめ 編集部員:かなめ

施術後のお肌は、熱によるダメージで赤みや痒みが起こりやすく敏感になっているので、肌が擦れてしまうような服は避け、入浴はシャワー程度で済ませたほうがいいです。

施術を受けた箇所の日焼けに注意

ストラッシュ施術を受けた箇所の日焼けに注意
脱毛の施術を受けた箇所は、施術を受けていない箇所と比べて日焼けしやすい状態になります。

少量の紫外線でも日焼けしてしまう危険性があるため、UV対策は十分に行ってください。

また、日焼けしたお肌に光やレーザーを照射すると肌のメラニン色素にも反応してしまい、火傷を負う恐れがあります。

お肌の状態によっては、日焼けが改善されるまで施術を断られてしまう可能性があります。

ですので日頃から日焼け止めクリームや日傘などでしっかりとUV対策するようにしましょう。

抗酸化成分やビタミンCが配合されたアイテムを使うといいでしょう。

肌に塗布するジェルなどで肌荒れしないか確認

ストラッシュ肌に塗布するジェルなどで肌荒れしないか確認
アトピーや敏感肌の人は、施術時に肌に塗布するジェルやオイルなどで肌荒れしないか確認しましょう。

アトピーや敏感肌は刺激を受けやすいため、契約する前に試しに塗らせてもらうといいでしょう。

ストラッシュの脱毛・アトピーや敏感肌に関する質問Q&A

ストラッシュ脱毛・アトピーや敏感肌の質問Q&A

アトピーや敏感肌でもストラッシュで脱毛することは可能ですか?
ストラッシュでは「SHR脱毛」という脱毛法で、弱い光を連続して照射することで痛みや刺激を抑えた脱毛を行います。

アトピーや敏感肌で刺激に敏感になっている肌でも脱毛することが可能ですので、まずは無料のカウンセリングにて相談してみましょう。
アトピーでも脱毛することは可能ですか?
脱毛サロン・クリニックによります。

アトピーの症状や皮膚の状態を見て脱毛の施術ができるか医師や施術者としっかり話し合うことが大切です。間違ったムダ毛の自己処理や施術後のセルフケアのせいでアトピーの症状が悪化してしまう可能性がありますので注意が必要です。
アトピーが理由で脱毛を断られますか?
アトピーが理由で脱毛の施術を断る脱毛サロンやクリニックは多いです。

なぜならアトピーの症状を万が一悪化させてしまった場合に治療を施すことが難しいからです。

アトピーや敏感肌でも肌の状態を見ながら施術可能な脱毛サロン・クリニックもありますので、その中から信頼できる脱毛店を選べばアトピーでも安心して脱毛の施術を受けられるのでおすすめです。
アトピーのムダ毛処理の注意点を教えてください。
アトピーの人がカミソリや毛抜き、脱毛クリームなどでムダ毛の自己処理をするのはおすすめできません。

肌に痒みがあったり、少しの刺激でも炎症を起こしてしまいやすいアトピーの人だからこそ、脱毛サロンやクリニックにてプロの手で脱毛してもらった方がより安全にムダ毛処理を行うことができますよ。
肌が弱いのですが脱毛することは可能ですか
アトピーや敏感肌などが原因で肌が弱い人でも、脱毛することは可能です。

むしろ誤ったムダ毛の自己処理を行うことで、肌を痛めてしまったり、肌のバリア機能が低下して炎症を起こしやすくなったりしますので、医師や看護師、専門のエステティシャンのいる脱毛サロンやクリニックで安心して脱毛の施術を受けることをおすすめします。
アトピーでも使える脱毛クリームはありますか?
アトピーなど肌が敏感な人が脱毛クリームを使用するのはあまりおすすめできません。脱毛クリームの成分が強すぎて肌に刺激になったり、拭き取りの際に肌をこすることで皮膚がボロボロになってしまう危険があります。

もし脱毛クリームを使ってみたい場合は、必ず「敏感肌用」を選び、使用前にパッチテストを行いましょう。
アトピーや敏感肌でも自宅で家庭用脱毛器を使った自己処理はできますか?
自宅で手軽にムダ毛の自己処理を行える家庭用脱毛器。アトピーだから使用できない、ということはありませんが、家庭用脱毛器の場合、自分で脱毛器を扱うので、使い慣れていない場合「重ね打ち」や「ムダ打ち」をしてしまい、火傷などのトラブルに繋がる可能性があります。

光を当てた後は肌が乾燥しやすくなるので、いつも以上に肌の保湿ケアを心がけましょう。
光脱毛で肌トラブルが起きたらどうすればいいですか?
光脱毛の施術後、肌が赤くなったりボコボコ・ブツブツしてきた、内出血やニキビなどの肌トラブルが起きたら、早めに皮膚科を受診してください。

できるだけ肌トラブルを起こさないため、脱毛の施術後は日焼けや摩擦に気をつけて、保湿をしっかり行いましょう。

アトピーや敏感肌でも脱毛のチャンスはあります

ストラッシュアトピーや敏感肌でも脱毛のチャンスはある
毛抜きやワックスを使用して毛を抜いたり、カミソリやシェーバーを使用して毛を剃る自己処理はかえってお肌を傷つけてしまいます。

頻繁にムダ毛処理をする人なら、なおさら肌へのダメージは深刻に。

脱毛サロンやクリニックなら、プロから脱毛の施術を受けることでお肌への負担を軽減しながらムダ毛処理することができます。

アトピーや敏感肌で悩んでいる人もストラッシュのSHR脱毛なら安心して脱毛できますので、ぜひ施術を検討してみてくださいね。

記事のまとめ
  • アトピーや敏感肌の人のムダ毛の自己処理は危険
  • 脱毛サロンやエステによって肌の弱い人への対処法が異なるので要注意
  • ストラッシュは従来の脱毛機と比べると肌のダメージが少ないので敏感肌でもOK
  • ストラッシュはアトピー肌でも赤みや痒みがない安定した時期なら施術OK
  • 肌の状態が悪い場合は施術を断られる可能性が高い
  • 肌トラブルを避けるためにアフターケアをしっかり行うのがよい
お得な割引プランもあります!
ストラッシュ公式サイトへ

まずは無料カウンセリングで相談しませんか?

Leave a Comment