医療脱毛は後悔する?永久脱毛のデメリットとメリットとは?医師監修で解説!

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

永久脱毛ってデメリットあるの?副作用や後遺症は?と気になりますよね。

この記事では、清水教授監修の元、永久脱毛のメリットとデメリットを解説します。

デメリットと併せて後悔しない為の対策も紹介していますので、そちらも是非ご確認ください。

それでは、永久脱毛のメリットとデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

この記事の監修医師
この記事の監修医師「清水雄介 教授」
1998年に慶應義塾大学医学部を卒業後、形成外科で研修。2014年に美容外科学会専門医を取得。2015年に琉球大学形成外科の教授として沖縄に赴任。現在は琉球大学大学院医学研究科形成外科学講座教授、琉球大学病院病院長補佐などを兼任。

※掲載しているクリニックはミツケル編集部独自調査の元でランキング付けしています。掲載しているクリニックについては、医師監修の対象外となります。

基礎知識Q&A

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

永久脱毛のデメリットをお伝えする前に、永久脱毛に関する基礎知識をQ&A形式で説明します。

  1. 永久脱毛の定義とは?
  2. 永久脱毛が可能な脱毛方法は?
  3. 永久脱毛するなら医療脱毛と針脱毛どっちがおすすめ?

永久脱毛についてよくわかっていない…という人は、まず先にこちらからご確認ください。

1.永久脱毛だと永久に毛が生えてこない?永久脱毛の定義とは?

永久脱毛の定義は『高い減耗率を長期間にわたって維持できる脱毛』です。

え、永久にムダ毛が生えてこないってことじゃないの?と思いますよね。

実は、永久脱毛をするとムダ毛が100%生えなくなる、ということではありません。定義は以下の通りです。

永久脱毛の定義

FDA(アメリカ食品医薬品局)

一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されること。

AEA(米国電気脱毛協会)

最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であること。

定義によると永久脱毛は『ほとんど毛が生えない状態が長期間続く脱毛』ということになります。

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

ムダ毛が復活すると言っても、ごく少量の人がほとんどですし、全員が全員また生えてくるわけではありません。

脱毛以前のムダ毛ボーボー状態には戻らないので安心してくださいね。

2.永久脱毛が可能な脱毛方法は?美容脱毛は永久脱毛?

脱毛方法は大きく以下3つに類別されます。

脱毛方法は3種類
  1. 医療脱毛(レーザー脱毛)
  2. 美容脱毛(サロン脱毛)
  3. 針脱毛(ニードル脱毛)

この中で、永久脱毛にあたる脱毛方法は医療脱毛(レーザー脱毛)と針脱毛(ニードル脱毛)の2つです。

美容脱毛(サロン脱毛)は永久脱毛ではないので注意してください。

簡単にですが脱毛方法の違いを比較表でまとめました。脱毛方法の違いがわからない人は見比べてみてくださいね。

脱毛方法 種類 効果 痛み 脱毛回数 毛質 費用 オススメ
用途
医療脱毛 広範囲のムダ毛に
レーザーを照射
(施術がスピーディー)
永久脱毛 部位によっては強い 平均5~8回 ・剛毛〇
・産毛〇
・白髪×
比較的安価

5回364,586円
(全身脱毛の費用相場)

・オールマイティ
針脱毛 針で電流を流して
1本1本のムダ毛を処理
(施術時間が長い)

永久脱毛

かなり強い 毛量による ・剛毛〇
・産毛〇
・白髪〇
高額

198,000円~990,000円
(1本110~550円×1,800本で計算※)

・医療脱毛の仕上げ
・白髪の脱毛
美容脱毛 広範囲のムダ毛へ
光を照射
(施術がスピーディー)
制毛・抑毛 弱い 平均12~18回 ・剛毛〇
・産毛〇
・白髪×
比較的安価

6回146,084円
(全身脱毛の費用相場)

・痛みが少ない脱毛

※1,800本で脱毛できる範囲の目安は「片脇」です。
※費用の参考元:ビューティースキンクリニック赤坂クリニック
※費用の参考元:エステティックTBCトータルビューティーフィット

3.永久脱毛するなら医療脱毛と針脱毛どっちがおすすめ?

永久脱毛をするなら医療脱毛をおすすめしています。その理由は以下の通りです。

針脱毛のデメリット
  • 針脱毛は広範囲の脱毛に向かない
    (費用が高額になってしまう可能性がある)
  • 針脱毛を提供しているクリニックが少ない
    (現在主流の脱毛方法は医療脱毛)
  • 針脱毛は時間がかかる
  • 針脱毛は痛みが強い

針脱毛は、針に電流を流して1本1本ムダ毛を処理する難しい施術なので、脇だけでも20~30万円の費用がかかってしまう可能性があります。(全身脱毛など広範囲のコースだと100万円を超えてしまう可能性も…

加えて提供しているクリニックが少なかったり、施術に時間がかかってしまったり、痛みが強い等のデメリットもあります。

昔ながらの信頼できる脱毛方法ですが、上記の様なデメリットもあるので、基本的に永久脱毛(で全身脱毛)するなら医療脱毛がおすすめです。

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

医療脱毛だと白髪の脱毛はできませんが、針脱毛だと白髪の脱毛ができるので、

針脱毛は、医療脱毛で脱毛しきれなかったムダ毛の仕上げなど、補助的な役割で利用するのがおすすめです。

基本的には現在主流である医療脱毛を選ぶのがいいでしょう。

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

どうしても針脱毛がいい!という人は以下ページをご参考ください。

永久脱毛ってデメリットある?後悔しない為の対策を解説

永久脱毛のデメリットと後悔しないための対策を紹介する画像

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

永久脱毛のデメリットは以下4つです。

  1. 元の状態には戻せない
  2. 費用がかかる
  3. 痛みが強い
  4. 肌トラブルのリスクがある

永久脱毛を始めてから知ると後悔する恐れがあるので、今のうちにしっかりとデメリットを把握しておきましょう。

デメリットと併せてその対策も解説していますので、そちらもご参考ください。

1.永久脱毛をしてしまうと元の状態に戻せない

1つ目のデメリットは『元の状態には戻せない』ことです。

永久脱毛では発毛組織を破壊するので、毛を生やす機能が失われます。

  • 永久脱毛でVIOをハイジニーナにしたけど…やっぱり毛を生やしたい
  • 永久脱毛で髭をツルツルにしたけど…やっぱりオシャレに髭を生やしたい

と思ったとしても、もう毛は生えてきません。(元の毛量には戻せません。)

ツルツルにしてもいい腕や足なら問題ありませんが、デザインが重要になるVIOや髭、眉毛周りに関しては注意が必要です。

後悔しない為の対策

後悔しないためには、永久脱毛予定の部位を本当にツルツルにして後悔しないか?を考えましょう。

今の気持ちで決めるのも、間違いではありませんが、将来的気が変わる可能性も含めてじっくり検討してくださいね。

特に女性は、今付き合っている人はツルツルが好きだけど、今後付き合う人はボーボーが好きな可能性もあるので、それも含めて検討してみてください。(男性の好みに寄せる必要はないと思いますが。心配な人は以下ページもご参考ください。)

2.永久脱毛は費用がかかる

2つ目のデメリットは『永久脱毛は費用がかかってしまう』ことです。

永久脱毛(医療脱毛)の相場
脱毛方法 部位 相場
医療レーザー脱毛 全身 5回236,061円
全身+VIO 5回294,071円
全身+顔 5回302,830円
全身+VIO+顔 5回364,586円

引用元:全身脱毛の相場はいくら?

永久脱毛(ニードル脱毛)の相場
脱毛方法 種類 相場
ニードル脱毛 絶縁針脱毛 ・1本550円~
・5分3,300円~
美容電気脱毛 ・1本110円~
・5分2,000円~

引用元:ニードル脱毛の相場はいくら?

針脱毛(ニードル脱毛)は高額になってしまう可能性があるのであまりおすすめしていません。

医療脱毛(レーザー脱毛)で全身脱毛をするなら、大体20~40万円程度の費用がかかると考えておきましょう。

後悔しない為の対策

後悔しない為の対策としては、相場よりも安いクリニックを契約することです。

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

総額を見ると高額な印象を受けますが、月々払いにすると数千円~なので、分割払いにすると負担を減らして脱毛することができますよ。

クレジットカードがなくても、アルバイト程度の収入があれば、学生さんやフリーターさんでも利用可能なので、カウンセリング時に相談してみてください。

医療脱毛が安いクリニックについては、ページ後方の▼こちらで紹介していますので、メリットデメリットを把握した後にご一読ください。

3.永久脱毛は痛みがある

3つ目のデメリットは『永久脱毛は痛みがあること』です。

医療脱毛(レーザー脱毛)は、基本的には痛くないものの、毛が濃い部位(VIOやワキなど)は強い痛みが生じる可能性があると言われています。

針脱毛(ニードル脱毛)だと、激痛と言って差し支えないほど強い痛みが生じる可能性が高いと言われています。

後悔しない為の対策

医療脱毛で使用されている脱毛機は大きく「蓄熱式」と「熱破壊式」に類別され、蓄熱式は(熱破壊式より)痛みが少ないと言われています。

ですので、医療脱毛の痛みが不安な人は、蓄熱式の脱毛機を導入しているクリニックを選びましょう。

蓄熱式の脱毛機を導入しているクリニックについては、ページ後方の▼こちらで紹介していますので、メリットデメリットを把握した後にご一読ください。

4.永久脱毛には肌トラブルのリスクがある

4つ目のデメリットは『永久脱毛にも少なからず肌トラブルのリスクがあること』です。

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

永久脱毛の肌トラブル例は以下の通りです。

  1. 熱傷
  2. 毛嚢炎
  3. 硬毛化

何故肌トラブルが起きるのか?どうすれば予防できるのか?について順番に詳しく説明していきますね。

4-1.熱傷

医療脱毛の毛母細胞を破壊

永久脱毛はレーザー(針脱毛なら電流)を照射した際に熱が発生するので熱傷のリスクがゼロではありません。

発生する熱は、発毛組織の破壊に必要なものなので、身体へ害を与える作用はありません。

本来なら害はないのですが、施術スタッフが出力を強くしすぎたり、利用者側の肌状態が悪かったりすると、肌に過剰なダメージが加わるので熱傷を起こしてしまうのです。

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

不安になる人もいると思いますが、正常な状態の肌に適切な出力で照射すれば熱傷が起きるリスクは極めて低くなるのでご安心ください。

後悔しない為の対策

普段から保湿ケアや日焼け対策を徹底し、永久脱毛後は肌を刺激しないように過ごしましょう。

出力に関しては施術スタッフが調整するので、利用者側ができる対策としては肌ケアが重要になるからです。

肌ケアを頑張るだけでも熱傷リスクを軽減する可能性が高くなるので、永久脱毛を始めたらできるだけ毎日、肌ケアを頑張りましょう。

4-2.毛嚢炎(もうのうえん)

永久脱毛は毛嚢炎(ニキビに似たブツブツ)のリスクがあります。

永久脱毛後の肌は少なからずダメージを受けているので(通常時よりも肌のバリア機能が低下した状態なので)、雑菌や細菌の侵入で毛嚢炎を起こしやすいのです。

後悔しない為の対策

保湿ケアをして肌の清潔さも保ちましょう。

そうすることで、肌のバリア機能が向上し、雑菌や細菌が侵入しにくくなります。

永久脱毛後に塗り薬を処方された場合は忘れずに塗ってくださいね。

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

軽症であれば毛嚢炎は自然治癒するケースが多いですが、痛みや痒みがある場合は悪化する恐れがあります。

痛みやかゆみがある場合は通っているクリニックに早めに相談してください。

4-3.硬毛化

脱毛後に硬毛化したムダ毛の写真

永久脱毛(医療脱毛)には硬毛化のリスクがあります。

永久脱毛(針脱毛)には硬毛化のリスクがありません。(針脱毛は硬毛化の治療に使用されます。)

硬毛化とは

硬毛化とは、脱毛以前よりもムダ毛が濃くなってしまう現象です。

顔や二の腕などの「産毛が多い部位」が硬毛化しやすいと言われています。

原因は不明ですが「出力不足や毛質に合わないレーザーの中途半端な刺激が、ムダ毛の成長を促進してしまった結果、硬毛化するのではないか?」と言われています。

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

実際に硬毛化する確率は0.6~10%程度と言われています。

過剰に心配する必要はありませんが産毛が多い部位を永久脱毛する予定の人は念のため注意してくださいね。

後悔しない為の対策

硬毛化が不安であれば、硬毛化のリスクがない針脱毛を検討するか、硬毛化のリスクが低い医療レーザー脱毛機を導入しているクリニックを検討しましょう。

ダイオードレーザーを搭載した蓄熱式の脱毛機、又は、ヤグレーザーを搭載した脱毛機がおすすめです。

永久脱毛って副作用や後遺症はある?永久脱毛の都市伝説

永久脱毛の都市伝説をまとめた画像

永久脱毛には副作用や後遺症はあるのでしょうか?

永久脱毛の都市伝説を以下にまとめました。

永久脱毛は身体に悪影響を与えるのか?それぞれ順番に解説していきます。

1.脇の永久脱毛すると多汗症になる?

脇の永久脱毛をしても多汗症にはなりません。

汗が増えたと感じる理由は、汗を受け止めていた脇毛がなくなってしまうからです。

(脇汗が肌を伝いやすくなり脇汗が増えた!?と勘違いしてしまうからです。)

本当に永久脱毛で脇汗は増えませんか?清水先生、教えてください!

汗は「汗腺」と呼ばれる器官から出ます。

永久脱毛の刺激によって、この汗腺が増えたりしませんし、分泌が活発になったりもしません。

したがって永久脱毛で脇汗が増える心配はないと言えるでしょう。

2.永久脱毛するとワキガになる?

永久脱毛をしてもワキガにはなりません。

永久脱毛の刺激によってワキガになる医学的根拠はありません。(ワキガは遺伝の影響が強いと言われています。)

本当に永久脱毛でワキガになったりしませんか?清水先生、教えてください!

ワキガはアポクリン汗腺から分泌された汗が細菌と反応することが原因です。

永久脱毛の刺激によって、このアポクリン汗腺が増えたり、分泌が活発になったりしません。

したがって永久脱毛でワキガになる心配はないと言えるでしょう。

3.永久脱毛すると癌になる?

永久脱毛をしても癌にはなりません。

皮膚癌を心配する声がありますが、皮膚癌の原因となるのは紫外線(太陽光)です。

永久脱毛で使用するレーザーと紫外線はまったくの別物なので、永久脱毛で皮膚癌になる心配はないと言えます。

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

永久脱毛の安全性に関しては日本医学脱毛学会がはっきりと「身体に悪影響を与える恐れはない」と述べています。

レーザーの光は皮膚表面から3~4ミリ程度の場所、つまり毛包に達する程度の深さまでしか届かないようになっています。
ですから、血管や内蔵などに影響を与える事はありません。

また皮膚ガンの心配をされる方もいますが、皮膚ガンの原因となるのは紫外線でレーザーの光は赤外線に近いものですから、これも心配はありません。

引用元:igaku-datumou-gakkai.com

※日本医学脱毛学会とは皮膚科や形成外科の医師が中心となって1987年に設立された団体のことです。

4.永久脱毛するとホルモンバランスが崩れる?

永久脱毛をしてもホルモンバランスは崩れません。

本当に永久脱毛でホルモンバランスは崩れたりしませんか?清水先生、教えてください!

永久脱毛のレーザーが届くのは、内臓に影響を与えない、皮膚表面から3~4mm程度の非常に浅い場所です。

ホルモンをコントロールしている内臓に影響を与えないので、永久脱毛でホルモンバランスが崩れる心配はないと言えるでしょう。

結論:永久脱毛に副作用や後遺症はありません。

まとめると、永久脱毛に副作用や後遺症はありません。

一部で永久脱毛は身体に悪影響を与えるのではないか?と噂されていますが、それは間違った情報なので、気にしないでくださいね。

永久脱毛のメリットは?

デメリットを紹介してきましたが、もちろん永久脱毛にはメリットもあります、以下にまとめました。

永久脱毛のメリット◎
  • 自己処理の手間が大幅に減る
  • すっぴんに自信が持てるようになる
  • 化粧ノリが良くなる
  • 肌トラブルの改善や予防になる
  • デリケートゾーンの不快感が軽減される

永久脱毛の大きなメリットは肌が綺麗になることです。

ツルツル美肌を手に入れたい!という人は永久脱毛を検討してみてくださいね。

きっと「やってよかった!」「もっと早くやっておけばよかった!」と感じると思います^^

永久脱毛ができる医療脱毛クリニックおすすめ3選

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

永久脱毛に一押しの医療脱毛クリニックをご紹介します。

  • どこで永久脱毛したらいいんだろう…
  • できるだけ安くて痛くないクリニックだと嬉しいな…

と思っている人は、是非ご参考ください。

レジーナクリニック公式サイト
レジーナクリニック

【料金】

・全身脱毛:5回207,900円~
・VIO脱毛:5回92,400円
・顔脱毛:5回105,600円
・脇脱毛:5回13,200円

【脱毛機】

・ソプラノアイスプラチナム:蓄熱式(熱破壊式も照射可能)
・ソプラノチタニウム:蓄熱式(熱破壊式も照射可能)
・ジェントルレーズプロ:熱破壊式

【特徴】

毛質や肌質に合った施術や手厚いサービスが魅力。麻酔クリームの無料処方や剃毛代0円など利用者の快適さを最優先してくれるクリニックです。

公式HP

エミナルクリニック公式サイトバナー
エミナルクリニック

【料金】

・全身5回174,900円~

【脱毛機】

・クリスタルプロ:蓄熱式

【特徴】

全身脱毛の料金が安い全身脱毛専門クリニックです。月々2,980円~で全身脱毛を契約できます。全身すみからすみまで低料金で永久脱毛したい人におすすめです。

公式HP

フレイアクリニック公式サイトバナー
フレイアクリニック

【料金】

・全身脱毛:5回173,800円~
・VIO脱毛:5回93,500円
・顔脱毛:5回93,500円
・脇脱毛:5回12,100円

【脱毛機】

・メディオスターNeXTPRO:蓄熱式(熱破壊式も照射可能)
・メディオスターモノリス:蓄熱式(熱破壊式も照射可能)

【特徴】

蓄熱式脱毛機専門クリニックなので痛みが少なく肌に優しい永久脱毛が可能。麻酔クリームの無料処方や剃毛代0円など手厚いサービスが受けられます。

公式HP

おすすめ記事

永久脱毛ができる医療脱毛クリニックおすすめ人気ランキング2022年最新版は、以下ページで詳しくまとめています。上記3社以外のクリニックも知りたい!という人は是非ご参考ください。

医療脱毛ではなく針脱毛がいい!という人は以下ページをご参考ください。

振り返りQ&A

永久脱毛のデメリットとは?
永久脱毛のデメリットは元の毛量には戻せない、少なくはない費用がかかる、痛みがある、肌トラブルリスクなどです。
デメリットの詳細はこちら
永久脱毛はデメリットが多い?やると後悔する?
永久脱毛はデメリットもありますが、デメリットを上回るメリットがたくさんあります。割合としては「永久脱毛して良かった」と思う人が多いですよ。
デメリットの詳細はこちら
メリットの詳細はこちら
永久脱毛はしない方がいい?
メリットだけではなくデメリットを十分理解した上で、永久脱毛する・しないを選択するのをオススメします。
デメリットの詳細はこちら
メリットの詳細はこちら
永久脱毛すると汗が増える?
永久脱毛に多汗症の副作用はありません。勘違いで汗が増えたと感じるケースならあります。
副作用の詳細はこちら
永久脱毛するとワキガになる?
永久脱毛にワキガの副作用はありません。永久脱毛したからと、脇が臭くなる心配はないので安心してくださいね。
副作用の詳細はこちら
永久脱毛すると癌になる?
永久脱毛に癌の副作用はありません。肌に悪影響を与えるのは紫外線であり、永久脱毛で使用するレーザーなどとは別物だからです。
副作用の詳細はこちら
永久脱毛するとホルモンバランスが崩れる?
永久脱毛にホルモンバランスが崩れる副作用はありません。ホルモンへの悪影響はありませんが、施術中に気分が悪くなる人ならまれにいます。
副作用の詳細はこちら
永久脱毛は体に悪い?
永久脱毛が血管や内蔵などに悪影響を与えることはありませんが、施術者のミス・肌状態が悪いなどの理由で肌トラブルを起こすリスクはあります。
肌トラブルリスクの詳細はこちら
永久脱毛は肌に悪い?
永久脱毛が直接肌に悪影響を与える心配はありませんが、施術者のミス・肌状態が悪いなどの理由で肌トラブルを起こすリスクはあります。
肌トラブルリスクの詳細はこちら
髭の永久脱毛のデメリットとは?
髭の永久脱毛は強い痛みが感じやすかったり、キチンとケアしないと肌トラブルが生じたりするデメリットがあります。
デメリットの詳細はこちら
脇の永久脱毛のデメリットとは?
脇の永久脱毛は他部位と比べると痛みが感じやすかったり、脇でもキチンと保湿ケアしないと肌トラブルが生じたりするデメリットがあります。
デメリットの詳細はこちら
すね毛の永久脱毛のデメリットとは?
すね毛の永久脱毛は少なくはない費用がかかったり、肌トラブルが生じたりするデメリットがあります。
デメリットの詳細はこちら
顔の永久脱毛のデメリットとは?
顔の永久脱毛は少なくはない費用がかかったり、肌トラブルが生じたりするデメリットがあります。
デメリットの詳細はこちら
陰毛の永久脱毛のデメリットとは?
陰毛の永久脱毛は強い痛みが生じやすかったり、キチンとケアしないと肌トラブルが生じたりするデメリットがあります。
デメリットの詳細はこちら

まとめ

永久脱毛そのものに体へ悪影響を与えるような作用はありませんし、施術の際は安全性の高い医療脱毛機器が使用されています。

体に悪い説に関しては根も葉もない噂程度に考えてOKです。

ただし!!体への悪影響はなくてもデメリット・リスクがあるのは事実なので、メリットだけを鵜吞みにして永久脱毛を始めるのはオススメしません。

永久脱毛前にやるべきこと
  • 本当に毛をなくしても後悔しないか再確認
  • だいたいの費用相場を把握しておく
  • 自分に合った脱毛機を見つける
  • 痛み・肌トラブルのリスクと対策を知っておく

「こんなハズじゃなかった…」と後悔しないためにも永久脱毛を始める前にしっかりと情報収集してくださいね。

編集部員:けいこ 編集部員:けいこ

今回はあえてデメリット・リスクを強調してお伝えしましたが、永久脱毛はムダ毛・肌のコンプレックス解消にはこれ以上ないほど適任です。

「これ以上肌を傷つけたくない」や「自己処理が面倒」と思うなら前向きに検討してくださいね。

関連記事

Leave a Comment